中堅消費者金融審査で印象良くするには?

中堅消費者金融審査で印象良くするには?

中堅消費者金融や中小消費者金融の審査では、必ずと言って良いほど、携帯に連絡がかかってきます。

 

それは、直接申込み者と話すことで、借金の経緯や、返済状況、資金使途などを詳しく聞くためです。申込みには資金使途を旅行代と書く人は多くいますが、実際にはギャンブルや交際費などの他の名目で使う人ばかりです。

 

また、申込み者の人間性を知る為にも、直接話す行為は中堅・中小消費者金融の審査にとってみれば非常に重要なことなのです。

過去に債務整理や破産をしている場合は詳しく聞かれる

特に過去に債務整理や破産をしている、ブラック情報がある人への審査は、本当にその人が今後遅れずに返済をしていくのか見極める為にも直接話さないと信用もできません。

 

もし貴方が、お金を貸す立場として、借りる人が数件から借入があり、勤務先と住所しか分からなかったら信用できますか?

 

それと同じ理由で、全く借金が無い人ならともかく、過去に債務整理や破産をしている人は、同じ過ちを繰り返す人がけっこう多いとも言えるのです。

審査の印象を良くするには正直に質問に答えること

審査の印象を良くするには、質問に対して正直に誠実に答えるだけです。ただ、これだけで良いのです。

 

なぜなら、中小消費者金融に申込みしてきた人の大部分が大手ではすでに断られており、それなりに借りられない理由があるのです。

 

そのような人は、虚偽申告をしたり、口調が悪かったり印象が悪いので、ただ単に、正直に質問に答えて、普通に話すことだけで印象が良く見えるものなのです。

 

もし中堅・中小の消費者金融に審査を依頼して連絡があったならば、そのことを思い出して対応することをおすすめいたします。