消費者金融審査即日で借りれるのは?

消費者金融審査即日で借りれるのは?

即日借りたい男性

消費者金融審査で即日借りられるのはどこか知っていますか?緊急にお金が必要になったときや、今すぐにでも現金を借りたいとき、早く借りられるキャッシング先に申込みしなければ当日融資は受けられなのです。

 

それを知らずに申込みから審査まで1時間以上費やした後に、即日融資ができないことを知ったのではショックもかなり大きいでしょう。そうなる前に、当日に借りたい人は、即日審査・即日融資ができる消費者金融に申込みすることが最も重要な事なのです!

銀行カードローンの特徴と消費者金融カードローンとの違い

従来、都市銀行における一般市民に対する貸出は借入を申込むごとに契約を結ぶ証書貸付になっていたため、非常に手間が掛かりました。

 

ところが近年、都市銀行でも個人向けのカードローンを積極的に扱うようになったことで借入における利便性が高まったため、利用者が急増しています。

 

銀行カードローンも消費者金融カードローン同様、無担保・無保証人となっていますが、保証会社の保証を受けることが条件になっており、このことが消費者金融カードローンと銀行カードローンの大きな違いと言えます。

 

なお、銀行カードローンの審査は保証会社が担っており、それが審査のスピードアップにつながっています。ちなみに、保証会社には銀行グループの消費者金融や信販会社がなっているのが一般的です。

消費者金融と銀行との違いは総量規制の問題です

そして、銀行カードローンの特徴には総量規制の適用を受けないということがあります。現在、消費者金融には貸金業法による総量規制によって利用者の年収の3分の1を超える貸出ができませんが、銀行は銀行法で管理される金融機関であって貸金業者ではないため、総量規制が適用されません。

 

従って、法律上では年収における制約はありません。

 

銀行カードローンのスペック面での特徴は何と言っても金利が低いということです。一般的なカードローンの借入金額である50万円以下の少額な借入に対する金利は14.0%〜14.6%になっており、消費者金融の18%に比べて大幅に低く、利用者にとっての最大のメリットになっています。

 

なお、貸出限度額も消費者金融より高くなっており、800万円や1000万円という高額なカードローンもあります。また、申込方法の面でもインターネットからの申し込みを受け付けていたり、自動契約機からのカード発行ができたりするようになっており、今までは考えられなかった即日融資にも対応しています。

 

そして、銀行カードローンにおける最大のサービスと言えるのが、コンビニATMの手数料が無料になっていることです。

 

ATM手数料は利息以上の負担になることがあるため、ATM手数料が無料というのは消費者金融カードローンでは得られない大きなメリットです。それと、預金口座の残高不足によって公共料金やクレジット代金などの引き落としができない場合に、カードローンから自動的に預金口座に入金してもらえる自動融資機能も魅力です。

 

ただ、銀行カードローンのネックと言えるのはインターネットからの申込よる振込キャッシングに対応していないことや、他銀行からの口座引き落としによる返済ができないこと、インターネットを利用した振込返済に対応していないことなどがあります。

 

しかしながら、それをカバーできるだけの魅力が銀行カードローンにあることは確かなことです。特にオリックス銀行カードローンの口コミ評判からは、銀行カードローンにして良かったという口コミが多くみられます。


キャッシング硬貨の画像

クレジットカードによるショッピングの最大のメリットは、少ない金額で高額の商品を購入できることです。それができるのは、支払をリボルビング払いにすることで返済を少額ずつに分けることができるからです。

 

ただし、その代わりに返済の度に手数料という名の利息を取られることになります。

 

そこで、クレジットカードを利用する人の中には購入代金を一括払いにする人が少なくありません。代金を翌月一括払いにすれば利息が掛からないからです。

 

ちなみに、利息を取られないのはクレジット会社によるサービスというわけではありません。クレジット会社は利用者に代わって販売店に購入代金を支払いますが、全額を支払うのではなく、決済手数料を差し引いた金額を支払っています。

 

要するに、決済手数料が利息に代わるクレジット会社の利益になっています。

 

一方、販売店は受け取る代金が減り、損することになりますが、クレジットの利用によって集客数や販売額がアップすれば、そのメリットの方が大きくなります。

カードローンなら日割りの利息なので損をしない!?

ところで、クレジット会社や消費者金融のキャッシングの場合は利用者との間の直接的な現金の貸借になります。従って、業者にとって利益を取れる相手は利用者しかいないため、クレジット会社や消費者金融は1日でもお金を貸し付ければ、必ず利益の元になる利息を取ります。

 

そして、カードローンやキャッシングはクレジットカードの決済にあるような毎月指定された期日における銀行口座からの引き落としだけではなく、いつでもATMやインターネットから返済ができるようになっているため、利息は日割りで計算される仕組みになっています。

 

そこで、日割り計算を利用することで、逆に利息を減らすことができるようになります。

 

例えば、カードローンから18%の金利で5万円を借りた場合、18%というのは1年間借りた場合の金利ですから、1年後に返済した時に9千円の利息を取られます。

 

しかし、借入後1ヶ月(30日後)で返済した場合は、5万円に対する1ヶ月分の利息を支払えば良いので、365日分の30日である739円の利息を支払うだけで済みます。

 

さらに、1日で返済すれば、365日分の1日で24円の利息にしかなりません。このように、早く返済すればそれだけ利息を少なくすることができます。

 

ところが、月1回の指定日による口座引き落としは必ず1ヶ月分の利息を取られるため、できる限り使わないことが利息を抑える最善の策と言えます。

 

仮に、約定返済として銀行口座からの引き落としを利用していた場合は、できる限りATMからの任意返済を併用するのが得策です。そして、カードローンでも金利は各社バラバラです。消費者金融は利息が高く、銀行カードローンは低金利になっています。

 

もし、消費者金融で18%の金利で借りている人がいるならば、三菱東京UFJ銀行カードローンや三井住友銀行、みずほ銀行カードローンのような低金利ローンへカードローンを借り換えすることをおすすめします。

 

消費者金融と銀行カードローンでは平均して4%近くの金利差があります。サービス内容はさほど変わりませんので、借り換えすることによって、純粋に利息を減らすことができるのです。

続きを読む≫ 2016/07/29 17:29:29

消費者金融のカードローンと言うと金利が高くて怖いと言うイメージを持っている方が多いでしょうが、現在では利息制限法の上限利息を超え、出資法の上限利息を超えないグレーゾーン金利でお金を貸し付けてはいません。

 

大手の消費者金融会社なら各社で競争が進み、比較的ご利用しやすい金利に設定してあることが多いです。それでもまだ金利が高いと言う方は銀行のカードローンを選ばれると、消費者金融のカードローンより金利が低くてお得です。

 

審査に厳しくなりますが、通ってしまえば銀行が提供していると言う安心感のもとでお金を借りることが出来ます。一昔前は銀行からお金を借りるには企業の設備投資や、個人なら住宅ローン、教育ローン、リフォームローンなどの目的ローンしかありませんでしたが、今の銀行は無担保・無保証で数百万円まで借りることができます!

 

それが銀行カードローンなのです。厳密に言えば、保証会社の保証がついていますので、無保証ではありませんが、人的保証を必要しないので、自分で保証人を見つけることっもありません。

 

銀行カードローンで借りるメリットはやはり金利面です。消費者金融では18%の金利だったとしても、多くの銀行では14%が主流で、金利が低い銀行カードローンでも10%ぐらいのローンもあります。

 

そして、金利以外にも総量規制の年収3分の1の規制を受けないことが大きなメリットとなっています。

銀行カードローンのメリットは精神的にも影響します!

総量規制対象外によって、収入証明書も100万円以下であれば必要ありませんし、オリックス銀行カードローンや、楽天銀行カードローンのネット銀行では300万円まで収入証明書が不要となっています。

 

これだけでも消費者金融には無いメリットがいくつもあることがお分かりになると思いますが、銀行からお金を借りているという精神的な気持ちが最も高いメリットのような気がします。

 

消費者金融からお金を借りていることは、借金として重く精神的にのしかかりますが、銀行から借りていると思えば、幾分、気持ちも楽になるはずです。

 

それだけ銀行というイメージは日本人にとって、消費者金融とは別物になっているのです。借金することには違いありませんが、銀行から借りているという事実が大きな魅力となるので、今銀行カードローンは人気になっているのだと思います。

 

ネット銀行で有名なのは、オリックス銀行カードローンです。店舗を持たないので、すべてWEB上で手続きは完結します。そして審査もあまり厳しくないという評判がありますので、銀行から借りたいけど審査が不安な人などは、オリックス銀行カードローンがおすすめと言えます。

続きを読む≫ 2014/10/10 00:30:10

中堅消費者金融や中小消費者金融の審査では、必ずと言って良いほど、携帯に連絡がかかってきます。

 

それは、直接申込み者と話すことで、借金の経緯や、返済状況、資金使途などを詳しく聞くためです。申込みには資金使途を旅行代と書く人は多くいますが、実際にはギャンブルや交際費などの他の名目で使う人ばかりです。

 

また、申込み者の人間性を知る為にも、直接話す行為は中堅・中小消費者金融の審査にとってみれば非常に重要なことなのです。

過去に債務整理や破産をしている場合は詳しく聞かれる

特に過去に債務整理や破産をしている、ブラック情報がある人への審査は、本当にその人が今後遅れずに返済をしていくのか見極める為にも直接話さないと信用もできません。

 

もし貴方が、お金を貸す立場として、借りる人が数件から借入があり、勤務先と住所しか分からなかったら信用できますか?

 

それと同じ理由で、全く借金が無い人ならともかく、過去に債務整理や破産をしている人は、同じ過ちを繰り返す人がけっこう多いとも言えるのです。

審査の印象を良くするには正直に質問に答えること

審査の印象を良くするには、質問に対して正直に誠実に答えるだけです。ただ、これだけで良いのです。

 

なぜなら、中小消費者金融に申込みしてきた人の大部分が大手ではすでに断られており、それなりに借りられない理由があるのです。

 

そのような人は、虚偽申告をしたり、口調が悪かったり印象が悪いので、ただ単に、正直に質問に答えて、普通に話すことだけで印象が良く見えるものなのです。

 

もし中堅・中小の消費者金融に審査を依頼して連絡があったならば、そのことを思い出して対応することをおすすめいたします。

続きを読む≫ 2014/09/20 23:23:20

消費者金融を借り換えしようとした場合、どうすればいいのか?借り換えとは、今よりも低金利のローンに変更しなければ全くもって意味がありません。

 

では、消費者金融で今よりも低金利で借りられるところがどこなのか?分かる人はほとんどいないでしょう。なぜならば、今はどこの消費者金融で借りても金利はほとんど同じだからです。

 

例えば、モビットで金利18%で借りていた人が、プロミスに借り換えしたとしても17.8%の金利になりますので、低くなるのは0.2%だけです。

 

0.2%金利が低くなったとしても、ほとんど利息は変わりません。では、消費者金融にある、借り換え専用ローンではどうでしょう?

 

アイフルではかりかえMAXという商品で、借り換え専用のローンがありますが、金利は12.0%〜17.5%となっているので、最低金利だったとしても12.0%までしか下がりません。

 

12.0%の金利であれば、充分に借り換えするメリットはあるのですが、消費者金融の最低金利は、滅多に適用されることがないのです。

借り換えするなら銀行カードローンへ!

消費者金融から借り換えするならば、銀行カードローンしか選択肢が無いと言っても過言ではありません。今の銀行カードローンは上限金利が15%以下になっているところが多く、金利15%以下なら3%以上金利が下がることになるので、大きなメリットになるのです。

 

おすすめは、三菱東京UFJ銀行カードローンや、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどのメガバンクのカードローンとなります。

 

仮にみずほ銀行ならば、金利は4.0%〜14.0%です。そして、銀行カードローンは限度額ごとに金利が予め決まっているので、希望の限度額で借りた場合の金利が事前に分かることが大きなメリットと言えます。

 

このように、カードローン借り換えするならば、銀行カードローンへますはお申込みすることがベストの選択しと言えそうです。

続きを読む≫ 2014/08/10 00:26:10

現在の消費者金融は一昔前に「サラ金」と呼ばれていたような暗いイメージは無く、日常的なキャッシングツールとして広く利用されています。

 

その要因には大手消費者金融のほとんどが都市銀行の傘下に加わってことによる信頼性の向上がありますが、平成18年(2006年)の改正貸金業法の設立、さらには平成22年(2010年)の総量規制などのすべての規定の施行によって、消費者金融のキャッシングが厳しい規定の中で運営されるようになったことも大きく影響しています。

 

貸金業法が改正された背景には過去、消費者金融による違法な高金利と過剰な融資を原因とした多数の自己破産者や自殺者の出現が社会的な問題にまで発展したことがあります。

 

消費者金融のキャッシングにおける上限金利は利息制限法によって「10万円未満・20%、10万円以上100万円未満・18%、100万円以上15%」と定められていますが、消費者金融は旧出資法の上限金利である29.2%を基準に貸出をしていました。

 

本来、法律上では利息制限法の上限金利を超える金利は違法であり無効となりますが、消費者金融は旧貸金業法にあった「みなし弁済」という規定を理由に高金利での貸出を止めることはありませんでした。

旧貸金業規制法43条のみなし弁済とは?

みなし弁済というのは、例え利息制限法を超える金利による利息の支払いであっても、利用者が貸借契約において金利を「認識」し、「任意」に支払った利息であれば有効な返済とみなす、というものです。

 

しかしながら、平成18年に最高裁判所はみなし弁済を否定する判決を下します。

 

その理由は、「貸借契約の中に返済が滞れば一括弁済するという条項があるため、支払いをしなければ期限の利益を失うことになり、支払いを強要される状態と言える。従って、利用者が任意に支払っていたものとは言えない」という判断からです。

 

しかしながら、この判決には多くの疑問が残ります。なぜならば、契約書の中に期限の利益の喪失事項(返済が滞った場合一括返済する条項)が無い契約書など、ほとんど意味をなさないからです。

 

一括弁済の条項が無ければ、お金は遅れても一括で支払う必要は無い=あるとき払いで良い、ということになり、そんな契約でお金を貸す会社などありません。

 

通常に考えればあり得ないことなのですが、最高裁はその条項が入っていることは「任意」に返済したことにはならないと、意味不明な判決を出してしまったのです。このことによって、一気に過払い金返還請求が増えることになったのです。

 

そして、最高裁判所の判決をきっかけとして旧来の貸金業法が改正され、出資法の上限金利が撤廃されて上限金利は利息制限法の15%〜20%に統一されました。

 

一方、過剰な融資を防止することを目的としてできた規定が「総量規制」です。

 

過去、過剰な融資が行われたのは貸出額の制限が無かったからでもあります。そこで、総量規制が導入され、利用者は自分の年収の3分の1を超える額の借入ができなくなりました。

 

また、消費者金融1社から50万円を超える額の借入をする時、または他の業者からの借入残高を合わせると100万円を超える借入になる時は、「年収を証明する書類(給与支払明細書や確定申告書など)」を提出しなければならなくなりました。

続きを読む≫ 2014/08/09 23:57:09