消費者金融審査即日で借りれるのは?

即日借りたい男性

消費者金融審査で即日借りられるのはどこか知っていますか?緊急にお金が必要になったときや、今すぐにでも現金を借りたいとき、早く借りられるキャッシング先に申込みしなければ当日融資は受けられなのです。

 

それを知らずに申込みから審査まで1時間以上費やした後に、即日融資ができないことを知ったのではショックもかなり大きいでしょう。そうなる前に、当日に借りたい人は、即日審査・即日融資ができる消費者金融に申込みすることが最も重要な事なのです!

銀行カードローンの特徴と消費者金融カードローンとの違い

従来、都市銀行における一般市民に対する貸出は借入を申込むごとに契約を結ぶ証書貸付になっていたため、非常に手間が掛かりました。

 

ところが近年、都市銀行でも個人向けのカードローンを積極的に扱うようになったことで借入における利便性が高まったため、利用者が急増しています。

 

銀行カードローンも消費者金融カードローン同様、無担保・無保証人となっていますが、保証会社の保証を受けることが条件になっており、このことが消費者金融カードローンと銀行カードローンの大きな違いと言えます。

 

なお、銀行カードローンの審査は保証会社が担っており、それが審査のスピードアップにつながっています。ちなみに、保証会社には銀行グループの消費者金融や信販会社がなっているのが一般的です。

消費者金融と銀行との違いは総量規制の問題です

そして、銀行カードローンの特徴には総量規制の適用を受けないということがあります。現在、消費者金融には貸金業法による総量規制によって利用者の年収の3分の1を超える貸出ができませんが、銀行は銀行法で管理される金融機関であって貸金業者ではないため、総量規制が適用されません。

 

従って、法律上では年収における制約はありません。

 

銀行カードローンのスペック面での特徴は何と言っても金利が低いということです。一般的なカードローンの借入金額である50万円以下の少額な借入に対する金利は14.0%〜14.6%になっており、消費者金融の18%に比べて大幅に低く、利用者にとっての最大のメリットになっています。

 

なお、貸出限度額も消費者金融より高くなっており、800万円や1000万円という高額なカードローンもあります。また、申込方法の面でもインターネットからの申し込みを受け付けていたり、自動契約機からのカード発行ができたりするようになっており、今までは考えられなかった即日融資にも対応しています。

 

そして、銀行カードローンにおける最大のサービスと言えるのが、コンビニATMの手数料が無料になっていることです。

 

ATM手数料は利息以上の負担になることがあるため、ATM手数料が無料というのは消費者金融カードローンでは得られない大きなメリットです。それと、預金口座の残高不足によって公共料金やクレジット代金などの引き落としができない場合に、カードローンから自動的に預金口座に入金してもらえる自動融資機能も魅力です。

 

ただ、銀行カードローンのネックと言えるのはインターネットからの申込よる振込キャッシングに対応していないことや、他銀行からの口座引き落としによる返済ができないこと、インターネットを利用した振込返済に対応していないことなどがあります。

 

しかしながら、それをカバーできるだけの魅力が銀行カードローンにあることは確かなことです。特にオリックス銀行カードローンの口コミ評判からは、銀行カードローンにして良かったという口コミが多くみられます。

 

信販会社のアプラスカードローン倶楽部カードは即日融資できるの?

新生銀行グループはカードローンを販売している企業が多くあります。本体の新生銀行には「レイク」があり、グループの消費者金融シンキには「ノーローン」があり、そして、クレジット会社アプラスにも「倶楽部カード」というカードローンがあります。

 

なお、アプラスはクレジットカード業界で総資産ランキングのベスト10に入るほどの企業であり、現在は新生銀行グループになっていますが、もともとは旧日本信販(現三菱UFJニコス)から分社化されて誕生しました。

 

倶楽部カードの貸出限度額は300万円、金利は6.9〜18.0%になっています。申込はホームページの専用フォームから行う方法と、申込書を取り寄せて郵送する方法があります。専用フォームから申込むと審査結果の連絡がメールに入るので、審査に通過した場合は本人確認書類を郵送すると後日カードが送られてきます。

 

借り入れ方法は電話からの申込による保有する銀行口座への振込キャッシングと、提携ATMの利用があります。振込キャッシングの場合は14時までに申し込むと、当日の内に借入金が入金されます。

 

なお、インターネットからの借入の申込はできません。ATMの利用に関しては、メガバンク3行やゆうちょ銀行、イオン銀行、りそな銀行他、多くの地方銀行と提携しており、また、コンビニもセブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMから借入ができます。

 

約定返済は銀行口座からの引き落としと、ATMからの入金の2通りがあります。口座引き落としの場合、返済期日は毎月27日になりますが、ATMを利用する場合は5・10・15・20・25・末日の中から返済期日を選択できます。また、返済期日の2週間前から当月分の返済期間が始まるため、期間内ならいつでも入金することができます。

 

返済方式は一般的な元利均等残高スライド方式を採用しています。最低返済額は借入残高によってスライドするようになっていますが、金額が設定されているわけではなく、30万円以下は借入残高の4%、30万円超100万円以下は残高の3%、100万円超は残高の2.5%を支払います。

 

なお、残高は10万円単位に切り上げて計算し、返済額は1千円単位に切り上げます。

 

例えば、残高が15万円の場合は20万円とし、20万円の4%で8千円を支払います。残高が145万円の場合は150万円の2.5%で37,500円になりますが、3万8千円を支払います。

 

ところで、倶楽部カードを使うと支払った利息分に対して「倶楽部ポイント」が付与されるサービスがあり、貯まったポイントは商品やギフトカードなどと交換できます。


北陸地方の富山県には第二地銀として富山第一銀行がありますが、規模的には同じ県の地方銀行である富山銀行の2倍以上あります。富山第一銀行には「ハウスカード・ネオ」、「カーディナル」、「ファーストカード」という3つのカードローンがあります。どのカードローンも金利の非常に低いのが特徴になっています。ハウスカ...

日本の中心的な県の一つである愛知県には地方銀行がありません。その代わり第二地銀が3行あり、その内名古屋銀行と愛知銀行は第二地銀の中でベスト10に入る銀行です。3番手の中京銀行は規模的に名古屋銀行の半分程度でしかありません。なお、設立がもともと三重県であったため、現在でも三重県に多くの支店があります。...

九州の地方銀行の中で一番規模が大きく、全国でもベスト5に入っているのが福岡県にある福岡銀行です。その福岡銀行では「ナイスカバー」というカードローンを販売しています。なお、利用するには口座を開設してあることが条件であり、また、利用限度額が100万円を超えると収入証明書の提出が必要になります。年金受給者...

クレジットカードによるショッピングの最大のメリットは、少ない金額で高額の商品を購入できることです。それができるのは、支払をリボルビング払いにすることで返済を少額ずつに分けることができるからです。ただし、その代わりに返済の度に手数料という名の利息を取られることになります。そこで、クレジットカードを利用...

消費者金融のカードローンと言うと金利が高くて怖いと言うイメージを持っている方が多いでしょうが、現在では利息制限法の上限利息を超え、出資法の上限利息を超えないグレーゾーン金利でお金を貸し付けてはいません。大手の消費者金融会社なら各社で競争が進み、比較的ご利用しやすい金利に設定してあることが多いです。そ...

中堅消費者金融や中小消費者金融の審査では、必ずと言って良いほど、携帯に連絡がかかってきます。それは、直接申込み者と話すことで、借金の経緯や、返済状況、資金使途などを詳しく聞くためです。申込みには資金使途を旅行代と書く人は多くいますが、実際にはギャンブルや交際費などの他の名目で使う人ばかりです。また、...

消費者金融を借り換えしようとした場合、どうすればいいのか?借り換えとは、今よりも低金利のローンに変更しなければ全くもって意味がありません。では、消費者金融で今よりも低金利で借りられるところがどこなのか?分かる人はほとんどいないでしょう。なぜならば、今はどこの消費者金融で借りても金利はほとんど同じだか...

現在の消費者金融は一昔前に「サラ金」と呼ばれていたような暗いイメージは無く、日常的なキャッシングツールとして広く利用されています。その要因には大手消費者金融のほとんどが都市銀行の傘下に加わってことによる信頼性の向上がありますが、平成18年(2006年)の改正貸金業法の設立、さらには平成22年(201...